趣味について色々書いていこうと思う。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
変革の時来たれり
2011-10-08 Sat 18:49
ビリーです。

BGMでどうぞ。


大分更新サボっちまいますたww
別に忙しかったりとかそういうのはなかったんだけどなぁ。
まぁいいや、マイペースに行こう。




最近、職場の同僚の方と私生活でつツルむようになったのだが、やはり人とのコミュニケーションは面白い。
その人も音楽をよく聴いているのだが、非常に面白い考え方なんだ。


音楽において最も重要なのは「楽曲」であり「演奏」だと俺は考えている。
それがバンドないしアーティストの本質だからだ。
楽器を演奏していて、尚且つ音楽理論とかの勉強をしている自分にとってはそれがまず頭に浮かぶ。
サウンドプロダクション、楽曲の展開、世界観が自分の求めるものと一致してないと満足できないからねw


でも、俺のその考えには見落としがあった。
その音を知る「きっかけ」が見えてこないんだ。
バンドのコンセプトやCDジャケットのデザインなどの目で見える要素を見落としすぎていた。
実は曲というものは二の次でアーティストのプロモーションの形を捉えなければ本質(楽曲)触れることはない。

彼はこれらを「入口」と言っていた。
確かに入口がなければ「本質」という部屋に入ることはできない。
最近どうりでプレーヤー指向が入りすぎて素直に音を楽しめないわけだw

彼は何気無く行ったことらしいのだが、俺にしてみればとても衝撃的なことだった。
曲が良いだけじ駄目・・・コンセプト、歌詞、プロモーションの全てがシンクロしていて初めて一流のアーティストなんだろうな・・・。
目からウロコとはこの事をいうのだと感じるビリーなのであった。

これからも純粋に音を楽しみたい・・・。
さて、就職も決まったし、ギターもカードも適度に頑張りますかねw

ではノシ
別窓 | 音楽的日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<LOST HORIZON | 亜空間飛行 | 音域>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。