趣味について色々書いていこうと思う。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Awakening The World レビュー
2011-10-24 Mon 09:55
ビリーです。

今日は、先日レビューしたバンド「LOST HORIZON」の1stアルバム

「Awakening The World」

をレビューしていきたい。
駄文だが純度100%のメタルを皆で共有していければと思う。







61cESKFDh6L.jpg

曲目
1. The Quickening
2. Heart Of Storm
3. Sworn In The Metal Wind
4. The Song Of Air
5. World Through My Fateless Eyes
6. Perfect Warrior
7. Denial Of Fate
8. Welcome Back
9. The Kingdom Of My Will
10. The Redintegration



このバンドの衝撃のデビューアルバム。
多分、このジャケットのお陰でレジに持っていくのを憚る人もそれなりにいたかと思う。
だが、このCDを手に入れることができた人は幸運だ。
各パートの演奏もさることながら、ボーカルの歌唱に只ただ脱帽せざるおえないからだ。

このアルバムは2001年に発売されたものだが、10年前の作品であるにもかかわらず全く古さを感じさせない今でも新しさを感じる非常に稀有なアルバムだ。
音楽性で言ったら100%正統派なメタル、そこにはアグレッシブなリズムでありキャッチーな一面もあり様々な可能性を秘めているのを伺わせる要素がある。

ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンなどの往年のメタルバンドを彷彿とさせるフレーズもあり、更にプリティ・メイズやクィーンズライクからの影響も感じ取れる。
だが、模倣に終わらず完全に自己の要素として昇華している点はどのバンドよりも成熟していると思う。

このアルバムは1、4、10曲目でインストを挟んでいてしっかりとした展開がある為、ぶっ通しで聴くことに最も意義があると思うが、一曲一曲ピックアップして聴いていも全く問題ない。
しかも各曲で世界観が如実に語られているのが面白い。
曲や展開、エフェクトの使い方を考えると「風」をテーマにして作られたアルバムであるように感じる。
(曲名とかを考えれば当然だが…)

個人的にオススメ曲は…

「Sworn In The Metal Wind」
「Welcome Back」

の2曲だ。
ぶっちゃけるとどれも素晴らしくて選べないのだが、ビリーの好みだとこんな感じだなw

前者はメロディック・パワー・メタルの疾走感あふれる曲で、超絶シャウトで幕を開け怒涛の展開で畳み掛ける。
後者はギャロップビートを用いた正統派メタルでそれに北欧らしさを加えメロディと技巧が見事に融合した曲。

リズムセクション、主旋律、ボーカルの歌唱…
いずれをとっても非常に高い演奏力だ。
デビューしたてでこれほどアンサンブルがしっかりしたバンドもそうは無いと思う。

最後に…
彼らが言った言葉の中にこういうのがある。

「俺たちはノー・ドラッグ、ノー・ロックンロール、100%メタルだ。
セックスに関しては…時間があればやぶさかじゃない」


それでこそメタル!健康第一!!
ではノシ

別窓 | LOST HORIZON | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<A Flame To The Ground Beneath レビュー | 亜空間飛行 | カテゴライズ云々・・・>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。