趣味について色々書いていこうと思う。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Seven Hills レビュー
2012-03-24 Sat 21:23
今日は日本の正統派メタルの重鎮「ANTHEM」の8作目

「SEVEN HILLS」

をレビューするつもり。
日本のメタルは聖飢魔II以来、あまり聴いていなく洋楽に傾倒していったのだがここ最近は偏見を持たずに聴けるようになった。
数はあまり聞かないけど、有名どころはやはり良いねw



曲目
01. Grieve Of Heart
02. Raging Twister
03. XTC
04. The Man With No Name
05. March To The Madness
06. D.I.M. 422
07. Running Blood
08. Freedom
09. Silently And Perfectly
10. The Innocent Man

BGMでもいかがかな?

Grieve of Heart


このアルバムは1992年の解散から実に9年ぶりに発表された復活作だ。
80年代から活動していたバンドで、ジャパニーズメタルにおいて、ラウドネス、聖飢魔II、VOWWOW等と肩を並べる伝説的バンドと言える。

とは言えビリーはその時代に生きていなかった為、最近になってアニメタルを経由してこのバンドの存在を知ったのである。

このアルバムの音楽性で言ったら「正統派」特有のクサいフレーズにモダンな要素を所々に散りばめた小気味良いメタルで、
ミドルテンポで重厚に攻め立てて来る曲が多い。
元々アンセムと言うバンドはスピードを抑えた曲が多く輪郭のハッキリしたメロディを聴かせてくれるのだが、このアルバムもその類いの1つだと思う。

遅めの曲は速い曲ほどの体力はいらない代わりにバンド全体のノリやメロディのブレが明るみに見えてしまうのだが、このバンドに関してはまったくそれが見当たらない。
歴戦のバンドなだけあって演奏力は相当高い。
ギターの硬質なサウンドも気持ち良く、リズム隊の安定感も素晴らしい。
そして、何よりこのバンドのフロントマンであるボーカルの坂本英三さんの歌唱にはただただひれ伏すしかない。
80年代アンセムを脱退した後、JAM Projectアニメタルでの活動を経て驚異のパワーアップを遂げているのだ。

個人的におすすめしたい曲は「01. Grieve Of Heart」「08. Freedom」の2曲だ。

ハイテンポで攻める前者と3連のミドルテンポで重厚な後者。
このバンドの動と静のグルーヴを是非感じていただきたい。

ビリーはこれを機会にアンセムの曲を良く聴くようになった。
そして過去の名曲、これから出る新曲を聴く度に、もっと早く知りたかったと良い意味で後悔しているところだ。
別窓 | ANTHEM | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<個性の定義 | 亜空間飛行 | サボりすぎた・・・>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。